家の健康診断してみませんか 家の健康診断してみませんか
『しっかりとした工事をするには、しっかりとした外壁・屋根診断が必要です。診断のプロフェッショナルである外壁診断士が壁と屋根の状態を分かりやすくお伝え致します。是非お気軽に家の健康診断をしてみませんか?』
外壁診断士
外壁診断士検定合格証書
外壁診断士とは

一般社団法人全国住宅外壁診断士協会が認定する資格で、外壁の性能や専門的な知識を習得し、適正な外壁診断やアドバイスができる外壁のスペシャリストです。

外壁と屋根のセルフチェック

外壁

  • 色あせ

    外壁が劣化している最初のサインです。
  • チョーキング

    外壁を触って白い粉がつく場合、外壁表面の防水性が低下していきます。
  • ひび割れ

    防水性の低下により、水を吸って乾いてを繰り返し、壁が劣化します。この状態で地震などの揺れが起こるとひび割れが起きてしまいます。
  • 目地の劣化

    外壁がボード(サイディング)の場合、ボードの隙間から雨水が侵入しないように目地(ゴム)で隙間を埋めています。目地が割れたり隙間ができると、雨漏りの原因になってしまいます。
  • ボードの反り

    外壁ボードが水を吸収している為、ボードが反ってしまいます。

屋根

  • 色あせ、苔、藻

    太陽の紫外線が長時間当たる事により、屋根表面が劣化していきます。
  • 釘の浮き

    浮いた釘穴から雨水が侵入してしまう場合があります。
  • ミルフィーユ状

    主に1996年~2008年までに販売されたニチハの「パミール」という屋根材です。アスベストの使用が法律で禁止された頃に製造された屋根材で、屋根表面が「層間剥離」でベラベラ剥がれたり、浮き上がったりします。仮にこの状態で塗装をしても、屋根材自体が層になって剥がれてしまう為、塗装ができません。ミルフィーユ状の屋根には葺き替えやカバー工法をお勧めします。まずは早めにご相談ください。
  • ひび割れ、欠け

    屋根が劣化した状態で地震などの揺れが起きると、ひび割れや欠けが起きてしまいます。

外壁

  • 色あせ

    外壁が劣化している最初のサインです。
  • チョーキング

    外壁を触って白い粉がつく場合、外壁表面の防水性が低下していきます。
  • 目地の劣化

    外壁がボード(サイディング)の場合、ボードの隙間から雨水が侵入しないように目地(ゴム)で隙間を埋めています。目地が割れたり隙間ができると、雨漏りの原因になってしまいます。
  • ひび割れ

    防水性の低下により、水を吸って乾いてを繰り返し、壁が劣化します。この状態で地震などの揺れが起こるとひび割れが起きてしまいます。
  • ボードの反り

    外壁ボードが水を吸収している為、ボードが反ってしまいます。

屋根

  • 色あせ、苔、藻

    太陽の紫外線が長時間当たる事により、屋根表面が劣化していきます。
  • 釘の浮き

    浮いた釘穴から雨水が侵入してしまう場合があります。
  • ひび割れ、欠け

    屋根が劣化した状態で地震などの揺れが起きると、ひび割れや欠けが起きてしまいます。
  • ミルフィーユ状

    主に1996年~2008年までに販売されたニチハの「パミール」という屋根材です。アスベストの使用が法律で禁止された頃に製造された屋根材で、屋根表面が「層間剥離」でベラベラ剥がれたり、浮き上がったりします。仮にこの状態で塗装をしても、屋根材自体が層になって剥がれてしまう為、塗装ができません。ミルフィーユ状の屋根には葺き替えやカバー工法をお勧めします。まずは早めにご相談ください。
矢印

 どれかひとつでも当てはまる場合は
外壁・屋根診断をお勧めします。
まずはお気軽にお問い合わせください! 

メールフォームボタン